FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

敦賀観光

護衛艦「かが」を見学した日に
敦賀の観光もしました。

まず敦賀駅で気比そばを食べました。
DCIM0080.jpg

そばですが、麺がもちもちとして柔らかく、美味しかったです。
名産品のおぼろ昆布付きでした!

気比神宮という歴史ある神社にもお邪魔しました。
IMG_0836.jpeg

鳥居は、日本三大木造鳥居の一つだそうです。
(ほかは春日大社と厳島神社)

IMG_0834.jpeg

お宮参りをしている地元の人らしき家族連れもいて
地域に親しまれている神社のようでした。

駅と神社の間の通り沿いには松本零士作品のブロンズ像が
たくさん並んでいました。
私たちが見たのは銀河鉄道999の並びでしたが
反対側には宇宙戦艦ヤマトのブロンズ像があったそうです。

松本零士氏は福岡県小倉市出身なのですが
全国いろんなところに像や絵が飾られています。
福井との関係は、と調べてみました。

敦賀は日本でも有数の鉄道と港の町だったという歴史から
市のイメージと重なる
「鉄道・科学・未来」がテーマの銀河鉄道999と
「港・科学・未来」がテーマの宇宙戦艦ヤマトの像を
開港100周年記念に設置したとのことでした。

銀河鉄道999を読んだことがなくて
このブロンズ像で興味を持って3巻くらいまで読みました。

すごく面白かったです!!

真夏ではなく寒い時期に読みたい作品だなと思ったので
3巻で読むのを中断しています。そろそろ再開してもいいかも。

こちらは敦賀港駅だった建物です。
DCIM0178.jpg

今は資料館になっています。
なぜかリスの置物が飾られていて気になりました(笑)。

昔からの港町に多い赤レンガ倉庫。
DCIM0176.jpg

DCIM0177.jpg

今はおしゃれモールになっていました。
雨宿りさせてもらいました。

福井名物のソースカツ丼を食べて帰りました。
DCIM0185.jpg

夫(´・ω・`)はミニサイズ
IMG_0837.jpeg

(`v´し)は普通サイズ
DCIM0183.jpg

カツが3枚も!おなか一杯になりました。
ソースは普通のウスターとは違っていて、飽きない味で美味しかったです。
お店の人がどんぶりを持ってきて、夫(´・ω・`)の前に普通サイズを
(`v´し)の前にミニサイズを置いたのは無理もありません。

地元の人にも人気のお店でした。
この日は「かが」見学後の人が大勢いて待ち時間がすごかったです^^;

艦船に感動しておいしいごはんを食べて、
充実した一日でした♪

続きを読む

PageTop

護衛艦かが一般公開

7月中旬に艦船を観に、福井県の敦賀まで行ってきました。
(初の福井県!)

DCIM0168.jpg

続きを読む

PageTop

歩こう

9月の歩数チェックです。

357,061歩

8月ほどではないですが、かなりの数字になりました。
夏が苦手な(`v´し)にしては良く歩いたんじゃないかと思っています。

PageTop

長くつ下のピッピ展

6月まで松坂屋美術館で開催されていた
長くつ下のピッピ展にひとりで行ってきました。
DCIM0841.jpg

本が友達だった(汗)子どもの頃、よく読んだシリーズです。
ピッピは長い靴下をはいている9歳の女の子です。
父親は船乗りで行方不明に(のちに生きていることが判明)。
金貨をたくさん持っていて、ひとりで父の別荘に暮らしています。
隣の家には男の子と女の子の兄妹が両親と住んでいます。
兄妹とピッピは毎日楽しく遊びます。

ピッピの、奔放で、したくないことはしないところ、
床でジンジャークッキーの生地をのばすような自由なところ、
馬を持ち上げる怪力など
自分にはできないことばかりを次々と成し遂げるところが
読んでいてすごく楽しかったのを覚えています。

もとは作者アストリッド・リンドグレーンが
風邪を引いた娘にベッドで聞かせてあげた話だそうです。

展示内容は、作者が娘に作った手作りの原本があったり
(文はタイプライターで打っていました)
初版のピッピの本があったりと貴重なものがたくさんありました。
作者の生涯にも注目した展示で興味深かったです。

(作者の生涯)
19歳で既婚男性の子を産んでシングルマザーになる。
男児は預けて時々会いに行く生活。
秘書としての訓練を受け就職、結婚し男児を引き取る。
大学教授(犯罪学)の秘書として働く。
特別情報機関の郵便検閲局に秘密裏に採用される。
教師や事務員、主婦をしながら執筆活動をする。

時代が時代なだけに結構すごい人生経験ですね。

写真が撮れる場所もありました。
DCIM0833.jpg

DCIM0834.jpg

DCIM0840.jpg

ピッピ以外の作品も紹介されていました。
ロッタちゃんシリーズは(`v´し)が気になったもののひとつです。
ロッタちゃんはかなり気の強い女の子です。
母親とけんかして、手編みのセーターを切り刻んで
家を出て隣の家の物置小屋でひとり暮らしを始めます。
そのときの部屋が再現されていました。
DCIM0835.jpg

DCIM0836.jpg

お気に入りの子豚を連れて。
DCIM0837.jpg

結局、夜真っ暗になって怖くなり、父親のお迎えで自宅に戻り
母親に謝ります。

また、「山賊の娘ローニャ」の原作は彼女の作品だそうです。
スタジオジブリのアニメの原画?も置いてありました。
「山賊の…」は見たことありませんが、ジブリファンとしては嬉しかったです。

懐かしさだけでなく、知らないこともたくさん発見できて
見どころたくさんの展示でした。

PageTop

艦船萌え

6月中旬、名古屋港に行ってきました。
理由はコレ!

IMG_0792.jpeg

潜水艦救難艦「ちよだ」を観てきました!

二日間の一般公開で、1日目は雨でした。(写真は2日目)
海自の方のレインコートは、黒のトレンチ風でおしゃれでした。

航空祭ですっかり慣れた手荷物検査を終え乗船!
船に乗るとき、隊員の方々から敬礼されてタジタジ…緊張しました^^;
甲板の下の階(?)を見学しました。
音楽隊の演奏も艦内で聴きました。響いていました♪

船萌えした(`v´し)を見て、夫(´・ω・`)が2日目も名古屋港へ連れて行ってくれました。
翌日は快晴!音楽隊も外で演奏、甲板を見学することができました。
IMG_0794.jpeg

この旗は、赤い生地と白い生地を縫い合わせていました。
IMG_0145.jpg

ロープなどを結ぶ穴とフック。甲板にたくさんありました。
IMG_0146.jpg

艦内の電光掲示板には「ようこそ ちよだへ!(^o^)/」の文字が流れていました。
通路の張り紙には「入っちゃダメだよ!(`Λ´)」 可愛らしいです。笑
IMG_0164.jpg
 
日没時に船首の国旗と船尾の自衛艦旗を降ろすとき、生演奏のラッパが鳴り響きます。
敬礼した隊員が見守る中、旗がするすると降ろされていきました。
そのあとは船に灯りがついてイルミネーションのようになりました。
月も出ていてすごくきれいでした。

IMG_0795.jpeg

IMG_0137_201909201839509db.jpg

IMG_0138.jpg

IMG_0135.jpg

IMG_0136.jpg

大きなビルみたいです。
IMG_0171.jpg

艦橋(ブリッジ)。
IMG_0167.jpg

艦船を見たのは初めてではないんですが、乗ったのは初めてでした。
海自の雰囲気や艦船の造りなどにワクワクしてしまいました^^
迫力があるし海自の隊員さんは真面目で親切な感じでした。
もしお近くに艦船が寄港するときはぜひ見物に行ってみてください^^

PageTop