シャトー日記

平和な日々の記録。

東山動植物園80周年<植物園>

前回の続きです。
リスを網越しに見た後、植物園を散策しました。

まずは梅の花を観賞しました。
「思いのまま」が咲いていました。
ほとんど白ですが一部に桃色の花がついていました。

DSCF6030.jpg

DSCF6029.jpg

合掌造りの前では濃い桃色の梅が咲いていました。

DSCF6027.jpg

白川郷の方々が観光PRに来ていました。
白川村の伝統の踊りも披露する予定だとおっしゃっていました。
写真を見せてもらいましたが、郡上の三社祭りの踊りによく似ていました。
踊りの名前ははるこまだそうです。

さらに奥へ進むとお茶の木とみかんが植えてあったので
静岡っぽい!と思って撮ってみました。

DSCF6032.jpg

近寄ってみたらミカンじゃなくてダイダイでした。

DSCF6033.jpg

鎌倉時代の窯の跡や万葉の道のそばの小さな滝など
いろいろ見つけられて楽しかったです。

植物園にはお花畑や桜の回廊など、まだ行っていないエリアもあります。
花が咲く頃に行ってみたいです。

前回お話したタブロイド紙はこちら。

IMG_2439.jpg

1~10号の表紙を切って貼り合わせれば図鑑になるようです。
このまま保管してもいいかもと思っています。

PageTop

東山動植物園80周年<動物園>

土曜日は東山動植物園80周年記念事業の初日でした。
防疫のためお休みしていたバードホールが再開すると聞き
小鳥とリスの森も同じ理由なのだから再開するだろうと期待して
朝から動物園へ出かけました。



残念ながら小鳥とリスの森はまだ入れませんでした。
バードホールは入れましたが、ネットが張ってありました。
ペンギンの展示場にも細かいネットが張ってありました。

リスに会えると思っていたのでがっかりでしたが
いいこともありました。

DSCF6063.jpg

バードホールでクジャクが羽を広げていました!

DSCF6072.jpg

美しいです。キジの仲間は本当にきれい。

DSCF6067.jpg

2羽から求愛されてもなびかない彼女。ガードが堅い?です。
この後オスの足元にあったエサに寄っていきました(笑)。

80周年をお祝いして地元企業である中日新聞社がタブロイド紙を発行していました。
集めると図鑑になるということで全10種類を集めるため歩き回りました。

足が棒のようになりましたが、とても楽しかったです。
10種類集めて大満足で帰りました。

リスの森の再開もあと少しだと思います。きっと。

PageTop

待ち切れず

今日は東山公園付近に用事があったので
動物園にも寄ってきました。

ブラックスワンが泳いでいた池の水は抜かれていてちょっとさみしくなりましたが
メキシコウサギやゾウ、コアラなどは変わらず元気そうでした。
ペンギンの展示スペースは野鳥避けのネットがかかっていました。

リスの森は、やはり入れませんでした。
でも未練がましく網越しに中をのぞいていると
がさごそと落ち葉を動かす音が…。

足元すぎてうまく撮影できなかったのですがリスがクルミを埋めていました!
久しぶりの再会に静かに感動していました。

クルミを食べている子や鬼ごっこをしている子たちもいて
合計3頭のリスを確認できました。

後ろ姿のみ。(写真右上)
DSCF5815.jpg

ルリビタキも白梅に止まってシャッターチャンスをくれました。
DSCF5823.jpg

網越しに写真を撮る怪しい女状態…^^;
そのとき、ふと頭上で轟音がして見上げると
飛行機が5機V字に並んで飛んでいくところでした。
急いで撮影してみましたが、あまりうまく撮れませんでした。

どこかの基地に向かう途中なのか、けっこう低空飛行でした。
その後、白と黒?の戦闘機っぽい飛行機が2機並んで飛んでいるのをみました。
週末オープンベースがある小牧基地に向かっていたのかもしれません。

リスを見たり空を見たりと慌ただしく、でも楽しい時間でした。

網越しではなく直接リスや鳥たちに会える日を楽しみにしています。

PageTop

うれしいニュース

東山動植物園の動物園エリアが
1月13日から再開するそうです。

うれしいです!!
また小鳥たちとリスに会えます。

ここで言っても仕方ないのですが
職員の皆様、本当にありがとうございます。

カメラの練習をしておこうと思います(`v´し)♪

PageTop

ついに休園

東山動植物園の動物園エリアと植物園の一部が休園になってしまいました。
防疫のためということです。
目に見えない菌との戦いは大変なご苦労だと思います。
また元気な動物たちに会える日を楽しみにしています。

亡くなってしまったコクチョウ。
DSCF4831.jpg

DSCF4829.jpg

(2016年10月撮影)

動物園自体に反対する人たちが優勢になってしまいそうです。

動物園だけでなく、もちつき大会、除夜の鐘、昨日の夫(´・ω・`)との外出(内輪話ですが)などなど
問題が起きたら一切をやめるのではなく、どうしたら問題が起きないかを工夫しないと
何もできなくなってしまいます。
工夫して前に進むために人間の知恵があるはず。

話はそれましたが、動物園の再開を楽しみにしています。

PageTop