シャトー日記

平和な日々の記録。

シーボルト展

名古屋市博物館で開催中のシーボルト展を見てきました。
展覧会の名前は「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」です。

まずは展示説明会で学芸員さんのお話をききました。
美声の男性学芸員さんが、いろいろな写真とともに
展示会裏話やシーボルトの話をしてくださいました。

面白いお話の後、展示を見て回りました。
展示点数が多くてひとつひとつじっくりと見るには
もっと時間が必要な気がしました。

日本(日本人)を欧州に紹介しようとしたシーボルトは
生活道具なども多く持ち帰っていたようです。
外で食べる用の豪華なお弁当箱や卵焼き器、食器などが多く展示されていました。
衣類やお祭り用の楽器などもありました。
また、地図や写実的な絵も多かったです。

鰹の形をした蓋つきのお皿は夫(´・ω・`)のお気に入りです。
中が赤い漆塗りで蓋をすると鰹の置物のようになるユーモアのあるお皿でした。

(`v´し)「これに白身のお刺身を載せたら映えそう」
(´・ω・`)「えー。これは赤身のお刺身用でしょ」

そう言われればそうですね。
お味噌汁のお椀にコーンポタージュを入れても
味は同じだからいいやと思っていた(`v´し)も
少しずつ器と料理の組み合わせの大切さを学んでいます。まだまだですが。

(`v´し)が気になったのは日本人の肖像画です。
着物を着た女性や男性の肖像画がいずれも写実的に描かれていました。
それらの絵では胸の部分(着物の衿から帯にかけて)が、くしゃくしゃっとなっていたんです。
記録の意味で描かれた絵なので実際もくしゃっと着ていたんだと思います。

今は着物を着るとなると「折り紙のように!」なんていわれるほど
帯も着物もぴしっとシワのないように着ます。
でも毎日着物を着ていた時代はもしかすると
肖像画のようにゆるーく着ていたのかもしれません。
あるいは、ハレとケで着分けて
きちんとする日だけはシワのないようにしたのかも。

ゆるっとした着方であれば肩肘はらずに着物を身に着けられて
着物文化も衰退せずに残ったかもしれません。

シーボルトとその子孫の皆様が保存しておいてくれたおかげで
タイムカプセルのように昔の日本を見ることができました。
とても興味深い展覧会でした。

PageTop

ゴッホとゴーギャン展

愛知県美術館で月曜日まで開催されていたゴッホとゴーギャン展に行ってきました。

すごく…混んでいました。

ゴッホもゴーギャンも有名な画家なので仕方ないのですが
どの絵の前にも人垣ができていて人酔いしそうでした。

幸いゴッホの絵は遠目に見た方がきれいな気がするので
絵に近寄れなくてもなんとか楽しめました。

緑をよく使うゴッホと赤を大胆に使うゴーギャンという対照的な感じでした。

二人が影響を受けた画家の作品もあって
展示数の多い見応えのある展覧会でした。

行く前に図録で予習しておいたので絵をじっくり見ることができました。
コレクション展のムンクも見て充実の美術館タイムでした。

IMG_2436.jpg

PageTop

徳川美術館

美しき「かな」展に行ってきました。

日本史の中で(`v´し)が好きな時代のひとつは平安時代です。
その時代に発展したとされる、「かな」文字の企画展があったので
観てきました。

源氏物語を多く所蔵する徳川美術館の得意分野なのでしょう、
展示数はとても多かったです。

ほとんど読めないのですが…
繊細なものもあれば気持ちのままに書いたようなものもあり
面白かったです。

せっかく日本に生まれ育ったのだし
この文字が読めるようになりたいなと思っていますが
なかなか道のりは遠いです。

書かれている内容(歌など)がステキなので
少しずつ慣れ親しんでいけたらと思います。

PageTop

シュリーマン

更新が遅れてしまいましたが
日付改ざんで月曜日の記事にします。


週末、名古屋市博物館で開催中のシュリーマン展へ行ってきました。

シュリーマンの著作を2冊ほど読んで予習したのですが
有名な自伝『古代への情熱』(妻や友人がシュリーマン没後に編集)は
創作が入っているということを展示室で知りました。

あらら(`v´;し)

それでも、ギリシャ文明以前の文明を見つけたシュリーマンは
偉人であることに変わりはないでしょう。

シュリーマンが一枚一枚書き込みを入れた図が
何枚も展示されていました。
(土器の破片の絵柄などを載せた図です。)
見栄っ張りなどと評されるシュリーマンの
几帳面で誠実な一面をクローズアップした展示でした。

想像していたより小規模な展示でしたが
貴重な資料を見ることができて良かったです。

シュリーマンが直接掘り出したものではないのですが
小ぶりのスフィンクスの展示がしてありました。
360度観ることのできる展示だったので後ろ姿を見たら
猫のような尻尾がついていました。
スフィンクスは猫の体だったのか!と新発見(`u´し)♪でした。

PageTop

徳川美術館

徳川美術館で昨日まで開催されていた
やまと絵の企画展を見てきました。

おなじみ源氏物語の挿絵だけでなく
掃墨物語や古今著聞集など面白そうな絵巻が並び
興味をひかれました。

掃墨物語は、ある娘が白粉と眉墨を間違えて逆に塗ってしまい
男に驚かれて娘凹む→その後娘は出家という話だと紹介されていました。
読んでみたくなります。

この絵を見ていた学生風の男女二人組の会話。
男性「白粉と眉墨って間違えるか?」
女性「それを言っちゃおしまいだよ」

たしかに(笑)

古今著聞集も面白そうな内容でした。
今度図書館で借りてみようと思います。

PageTop