シャトー日記

平和な日々の記録。

我が家の観葉植物

今日は、我が家の植物たちを紹介したいと思います。
(育て方も、覚書として載せておきます。)


まず、この春からシャトーにやってきて早くも人気者
テーブルヤシ。

個性的なのっぽと
のっぽ


ほそみな子
ほそみ

テーブルヤシ  2015.4~

[ 光 ]
明るい日陰で
[ 水 ]
やや湿ったのが好き(でも湿りすぎだと根が腐る)
[ 肥料 ]
春から秋に、液体肥料を月に2回ほど


お花屋さんによると、育てやすいらしいので頑張ってみよう。
虫は嫌ー(`o´;し)虫予防法も調べています。(霧吹きがいいらしい)



夫は植物が好きで、一緒に住み始めたときから
いろいろな鉢植えを買ってきてくれていました。

(`v´し)は正直あまり興味が無くて
たくさん枯らせてしまいました…

最近少し興味が出てきて、いろいろ調べているところです。



テーブルヤシのほかには、



オリーブとダスティミラー
オリーブとダスティミラー


オリーブ  2015冬~
[ 光 ]
直射日光OK
[ 水 ]
乾燥気味を好む
[ 肥料 ]
生育期に固形肥料を少しずつ

剪定するといいらしいです。


ダスティミラー  2014冬~
[ 光 ]
日当たりのいい場所で
[ 水 ]
蒸れが苦手、霧吹きは控えめ
[ 肥料 ]
ほとんど要らない。与えるなら固形肥料



多肉植物  2014冬~
多肉


サボテン  2013~
サボテン

[ 光 ]
直射日光OK(真夏は注意)
[ 水 ]
1カ月以上水なしでも大丈夫
[ 肥料 ]
多肉植物・サボテン用固形肥料が理想的


パキラ系  大:2013~ 小:2014冬
パキラたち

[ 光 ]
カーテン越しの光がよい(日本で流通しているパキラは光に弱い)
[ 水 ]
少なめ。夏でも一週間に一度くらい
[ 肥料 ]
幹がやせてきたら、固形肥料を少しずつ


ポトス  2015.4~
ポトス

[ 光 ]
葉の色がよくなるので直射日光OK(真夏は葉焼けに注意)
[ 水 ]
たっぷりあげる(乾き気味の土でも大丈夫)
[ 肥料 ]
5~9月に液体肥料を週1回


アイビー  2014.11~
アイビー

[ 光 ]
日当たりのいい場所で
[ 水 ]
たっぷりあげる(乾き気味の土でも大丈夫)
[ 肥料 ]
10日に1回液体肥料


気温が上がってきて、植物も生育期に入ったようなので
みんな元気に育ってほしいです。

ところで、活力剤と肥料は違うんだとか。

先日一斉に活力剤を投与したけど、
肥料は肥料で与えてあげなくていけないらしい。


奥が深い園芸の世界ですが、楽しみながら少しずつ勉強していこうと思います。

PageTop

再稼働

今年もアイスコーヒーの季節がやってきました。

水出しコーヒーメーカー、再稼働です。

アイスコーヒー

コーヒーの香りが部屋中に広がって、癒されます♪(`v´し)



PageTop

マーボー

最近、我が家ではマーボーが流行っている。

マーボー3回目、
豆腐か茄子か、作るときに迷っていたら

(´・ω・`)「両方入れちゃえば」

(`v´し)「お、おー」


IMG_0858.jpg

これが、大正解。美味しかったです。

(`v´し)「家で作ると、マーボー豆腐とマーボー茄子が同時に食べられていいね」

(´・ω・`)「お店で頼むと、普通にマーボー豆腐に茄子入ってくるよ」

(`v´し)「え!」


そもそも、お店でマーボー豆腐を頼んだ経験がほぼ無い(`v´し)でした。
(1回だけ、大学の近くの某中華屋で・・・)


茄子を入れるという素敵な提案をしてくれた夫、
最近「合わせ味噌ブーム」がきているらしく、今回も合わせでした。


久々に作るからか、濃さが安定しない・・・(`v´;し)言い訳~
でも、辛い料理に甘めの合わせ という組み合わせは、いい感じでした。



↑の写真、マーボーより味噌が主役みたいになっていますが
撮影者(私)の関心が味噌にあるからではなく、技術の問題です。

PageTop

着物の練習

今日は、着物を着る練習をしました。

先週18日にまた大須の骨董市に行って
名古屋帯を買ってきてしまった(`v´し)です。

まずは手持ちの半幅帯で練習しようと思っていたんだけど・・・
色が綺麗だし、富士山の柄で親しみが湧いて、ついつい買ってしまいました。

早く着てみたいです。
練習に気合いが入ります。


先生は、図書館で借りてきた、DVDつきの本。

着付け練習

とりあえず、体型補正なしで練習。

襦袢は二部式です。
着てみる。
・・・・・
まぁまぁいいんじゃない~?(`u´し)

着物もやってみよう、と
大須で買った、ポリエステルの着物で練習してみる。


[TV]      ((`v´し)) ごそごそ・・・

・・・・・・

鏡を見てみる。

Σ(`□´;;し)!!


ぐちゃぐちゃー(笑)


着てみた後で気がついたんですが
この着物、広衿でした。
これは自分で衿を折って調整しなくてはいけないらしい。

それからさらに調べると、ポリエステルは初心者には難しいんだとか。
始めは木綿で練習するといいとか、絹で練習するほうがいいとか。

木綿の着物も欲しくなってくる。
いやいや、物ばかり増やしてはいけません。
まずは浴衣で練習してみようかな。


来週、着物の着付けを習っているお姉さんと大須に行くので
いろいろ教えてもらおうと思います。
ホントに楽しみです。

PageTop

西洋の力を借りて

夫と一緒に住み始めて二年を過ぎたけれど、
食べ物関連はなかなかしっくりこない。

なぜなら、

夫(´・ω・`)
出身:名古屋
体質:標準よりやせだけど筋肉質
結婚前:基本一日一食


私(`v´し)
出身:浜松
体質:運動経験なしのやせ体型
結婚前:基本一日二食


嗜好の違いはもちろん、地域的な違いもあり
同じ調味料名でも全然違うものを思い浮かべていることがある。


ソースといえば・・・

(´・ω・`) コーミとか、おたふくソースのような甘めのたれ
(`v´し) ウスターとか、中濃ソース

※(´・ω・`)の実家にウスターはなかったらしい。


みそ といえば・・・

(´・ω・`) 赤
(`v´し) 合わせ


お茶といえば・・・

(´・ω・`) ほうじ茶とか?お客様には出さない
(`v´し) 緑茶。来客時は基本緑茶を出す。


なすの食べ方ひとつとっても、

(´・ω・`)みそで食べるとおいしい!
(`v´し)焼いて生姜醤油。

※蛇足ですが、彼がみそ、というときそれは赤みそのことです。



結婚は異文化交流なのだと、最近(遅!)理解しました。


ところで、日本初の女子留学生、大山捨松さんという女性の本を読んだことがあります。
のちに夫となる薩摩藩出身の大山巌さんとの初デートで、捨松さんは彼の薩摩弁がわからなくて困惑。
お互い英語で話してみたら会話が弾んだというエピソードが書かれていました。

これをヒントに、食文化の違いも、洋食にすればあまり気にならないかも?
と、先週は洋風の料理を積極的に取り入れてみました。

IMG_0802.jpg
豚肉となすのチーズ焼
CMで見たサラダ

盛りつけはもう少し工夫が必要ですなぁ。


和食は地域色が強く出やすいので
みそ料理を勉強しつつ、洋食の力も頼って
円満な食卓を目指したいです(`v´し)

PageTop

初パエリア!

最近買ってもらったパエリアパンで
早速パエリアを作ってみました。

作る時は、調理道具隊に新入りしたこの子も活躍。
IMG_0803.jpg

活躍というか、使いたかっただけ(`u´し)
実際は木べらの目や口の穴に米が入り込んで、ちょっと苦戦。


味付けは主にS&Bのパエリアの素を使って。

IMG_0806.jpg

素材からいろんな味が出て、とってもおいしかったです。

おいしくてぺろりと食べちゃうんだけど
そのあと全然お腹が空かなくてびっくりでした(笑)

これはハマりそう~♪

PageTop

カヌレ

ときどき食べたくなる、「カヌレ」というお菓子。
フランスのボルドー地方が発祥だそうです。

最近、何となく食べたくて「カヌレカヌレ」言っていたら、
夫(´・ω・`)が買ってきてくれた。

カヌレ瓶


瓶詰になってる!

カヌレ詳しく

瓶の中はラム酒シロップで満たされています。
一緒にフルーツも漬けられています。
バニラアイスを添えてどうぞとのこと。


では、そうします(`u´し)

IMG_0792_2015041417012875c.jpg


ご覧の通り、明るい時間にいただいてしまったけど
ラム酒のアルコールがしっかり残っています。
夜向きのお菓子でした(`v´;し)
でも美味しかったです。カヌレがふわふわ。


残ったシロップとレーズンなどのフルーツをバニラアイスに混ぜ込んだら
私の好物のラムレーズンアイスができましたヽ(*´∀`*)ノ

おしゃれなお菓子をありがとう。

PageTop

お客様。お花見。

同じ小・中学校に通った二人が、
浜松から名古屋に遊びに来てくれました。


高島屋でランチして

ランチ


私の家の近所でお花見をして

桜


家でおしゃべり♪

おもてなし


締めは、山本屋本店の味噌煮込みうどん。

一人は、初・味噌煮込みうどん!
濃いけどおいしい、と言ってました。



二人のうちひとりは、お母様が三河出身の方。
今回、夫(´・ω・`)も交えて4人で話す中で
彼女が愛知県の文化にかなり詳しいことが判明し、大盛り上がりでした。

静岡県と愛知県では、イントネーションが微妙に違う。
彼女は、名古屋人の夫(´・ω・`)と話すと
完全に愛知イントネーションにスイッチしました(笑)

言葉や味噌料理の話がどんどん出てきて、時間があっという間に過ぎていきました。

子どものときから知っているはずなのに、愛知モードの彼女はまるで別人。
友人の新しい一面を発見できました。

すごーく楽しかった。
遊びにきてくれてありがとう。


ティータイム用のおいしいケーキを用意してくれて
会話にも参加してくれた夫(´・ω・`)にも感謝です。

PageTop