シャトー日記

平和な日々の記録。

紫陽花めぐり

買い物に行く途中で、紫陽花をたくさん撮ってきました。

きれいだけどちょっと不思議な花。
気になっていろいろと検索…\_m(`v´し)


土壌が酸性だと青く、アルカリ性だと赤くなるそうです。
リトマス試験紙と逆ですね。

花びらに見える部分は、がくなんだとか(Nasbonさんのブログで知りました)。
アジサイ属は毒性もあるんだとか。
葉っぱは桜っぽいのに。
なんか独特な花だなぁと思います。


DCIM0509.jpg

DCIM0514.jpg

DCIM0508.jpg

DCIM0511.jpg

DCIM0506.jpg

DCIM0505.jpg

土壌のphだけでなく、咲いてから時間が経つと色が変化するらしいです。
そのせいで、マイナスイメージの花言葉もあるみたい。万葉集にも2首あるようです。
昔から日本にある花なんですねぇ。

検索…\_m(`v´し)


咲きかけ(こういう品種?)の状態もかわいい。
DCIM0512.jpg


おまけ。
紫陽花と同じくあちらこちらで咲いていたこの花。
DCIM0507.jpg

名前はわからないけど、きれいな色で癒されます。

PageTop

夫の趣味はプラモデル


(´・ω・`)「最近ブログが更新されないね」

「書くことが見つからなくてー」(`v´し)

(´・ω・`)「プラモ書けば?」

「おーいいね◎」(`v´し)

ということで、今回は夫の趣味であるプラモデルについて書いてみようと思います。


夫は、子どもの頃からプラモデルが好きだったようです。
お母さんのマニキュア除光液で塗料のついた筆を洗って怒られたとか。
(お母さんマニキュア塗ってたとか、おしゃれだなぁ…ってそこじゃないか)


飛行機のプラモデルが一番好きな夫(´・ω・`)ですが
最近、兵士のフィギュアもやるようになりました。

4月か5月くらいからフィギュアを作り始めて
すぐに忙しくなってしまい、まだ首や手がくっついていませんが(ちょっと怖い)
こんな感じ。

IMG_0998.jpg

練習も兼ねて作り始めたというこちらは、迫撃砲チームだそうです。
タミヤのNo.35193かな。

上の人は、たぶん砲弾を詰めようとしている人だと思います。
(腰が痛くて湿布を求めているわけではない)

どのくらいの大きさか、というと
首がない状態で、身長およそ4cm。

IMG_1001.jpg


ベルトの金属部分とか、服のしわとかを、針みたいな筆で塗っていくという
こまかーい作業を、夫(´・ω・`)は楽しそうにしていました。

塗り作業を傍から見ると、動いていないように見える(`v´;し)
集中して無心になれる作業は、ストレス発散にいいよね。


箱に書いてある絵も好きな人にはたまらないそうです。
箱絵画集も出ているんだとか。
Master Box社の疾走感あふれるこちらは、
箱絵を見せて飾っています。

IMG_1002.jpg

ちょっと写真が切れてしまいましたが、
1942年スターリングラード攻防戦。
ドイツ通信兵が攻撃されて逃げる?んだけど
先におとりが走っていって
後から通信機器を持った人が通信の線を引きながら走る、という場面。
(だったかな??自信ないです)

公式サイトの英語説明はこちら。(※ウクライナのプラモデル会社の公式サイトに飛びます)
あれ、なんか違うかも。
とりあえず、通信を確保するために命がけでがんばってるということかな。
英語が得意な方よろしくです!(笑)

夫(´・ω・`)さま、せっかく説明してくれたのに、覚えが悪くてごめんよ~


攻撃されているとしたら、それにも関わらず誰もおびえた顔をしていないあたりが
勇気りんりんでカッコいいのかも。
と、良さを(`v´し)的に解釈してみました。

こう考えると、魅了される人の気持ちがちょっとわかる気がする。うん(自己満足)。


ちなみに、夫もよく見ている「模型慕情」というブログでは
彼らは食糧係に任命されております。 こちら



それにしても…

どどーん!

IMG_1003.jpg

※兵士のみ。飛行機は別の場所に保管。

魅了されまくりな夫なのでした。

PageTop

小説 みをつくし料理帖シリーズ

小説「みをつくし料理帖」シリーズを、先月末に読み終わりました。

IMG_0939.jpg


図書館でちまちまと借りて、1年弱。
少女漫画の原作者だからなのか、展開が激しかったですが
ドロドロした感じはなくて、最後まで楽しく読めました。

江戸時代、大阪から上京した料理人「澪」が
定食屋でいろいろと頑張るお話です。

漫画「美少女戦士セーラームーン」でも泣けるおめでたい(`v´し)ですから
主人公の健気さに感動して泣きまくっていました。


この本を知るきっかけとなったのは、サークルのお姉さん。
おすすめをきいたら、このシリーズを教えてくれました。

お姉さんは寝る前にさらっと読めるよ~なんておっしゃってましたが
シリーズ前半はあまりにも泣けるので、結局昼間読んでいました。


夫(´・ω・`)「平和ですな…僕は毎日戦場ry」  (と思っていそう)


舞台が定食屋なので、食べ物や料理の描写が多いです。
食べることや料理が好きな方にもいいかも。
巻末にレシピもついています。

和食が好きな方は、読んでるとお腹空くかも(`v´し)
興味がある方はぜひ。

PageTop

元気に成長中

健康法その1と書いたからには、続きがあるはずでした。
たしか、これをすると元気がでる方法!
みたいなのを書こうと思ってたんだけどなぁ。

忘れちゃったのでその2は、いつか書きます!
(`v´し)

ところで、以前アップしたシャトーの観葉植物たち。
最近成長が早くて、お世話するのがちょっと楽しいです。


まず、浜松生まれのアイビーたち。

冬は室内で水耕栽培していましたが、
根っこが丈夫そうになってきたので
4月頃に1株(数え方は株?)だけ土に植えました。
それがついに根付いて、新芽が出始めました!

根付いたアイビー

浜松から名古屋にきて、根付いて芽が出たこの子…
私もあとに続きたいわー
(名古屋にきてすぐ、出したのはツノでしたorz)

室内でまだ水耕栽培中の↓も、土に植えてみようかな。
室内アイビー


最終目標は、するすると伸びたものを本棚の上から吊るすこと。

アイビーは切って増やせるので
もう少し株数(本数?)を増やしてみたいと思います。


お次は、テーブルヤシ。
テーブルヤシ

下から新芽が出てきました。
この写真では伝わるかどうか…ですが
もうすぐ葉が増えます。

お手入れは、土に竹串をさして乾き具合を見て乾いたらたっぷり水やり。
水やり後はベランダの日陰に置きますが、普段は室内です。
湿度が40%を切るような乾燥した日は、
こまめに葉水をしています(ハダニ予防。虫嫌(`v´し))。


いい感じです。
お店の人が言うとおり、育てやすい。
のっぽなもう一株も同じく新芽(新葉?)が出ています。


あと、ポトス。
ポトス

ゆっくりですが、着実に伸びてきています。
葉の色もいい感じ。
↑日照不足だと斑(ふ)が無くなってしまうそうです。


ほか、オリーブやダスティミラー、サボテンたちも元気です。

そろそろ暑くなってきたので
ベランダのコンクリート直置きじゃなくて
棚に載せてあげた方がいいかも。蒸れてしまうらしいので。
ダイソーの組み立てステンレス棚とか、どうかなぁ。
と思っています。

植物のお世話、まだたまに忘れる日があるけど
けっこう癒されます。

PageTop