シャトー日記

平和な日々の記録。

マレーネ・ディートリッヒ

冷え込んできましたね。
毛布に逃げ込みたいところですが、こういうときこそシャキッとするために
今日はマレーネ・ディートリッヒという
ドイツ出身の女優・歌手の話をしようかと思います。

彼女の名前を教えてくれたのは夫(´・ω・`)です。
2次大戦中に連合軍側で慰問をしていたドイツ人歌手がいると教えてもらいました。
これまではCDを借りて歌声を聴いたり、出演している映画を見たりして
きれいな人だなぁ、と思うくらい。

でも、最近自伝を読んで
外見だけでなく中身も素晴らしい人だと感じました。
とくに、少女時代の部分に出てきた母の教えや哲学などは
夫(´・ω・`)が普段言うことに似ていて、とても印象に残りました。

こんな感じです。

・避けられないことは威厳を失わずに耐えなさい
 ※威厳を失わず=人前で涙を見せない

・成果が上がって当然であり、中途半端は罪

・体の不摂生は無知、気持ちのだらしなさは見苦しい

・言うべき重要なことがないなら、口をつぐんでいなさい

・気に入らないことは決して我慢せず、打破することだ

・人生は楽ではない。しかし、人生を良くするために奮闘するなら
人生は素晴らしい


彼女は、カントとゲーテも愛読していたそうです。
これらは彼女が困難に直面した時に支えとなったそうです。

戦時中の話も自伝に出てきました。
慰問する歌手は、安全な場所で歌うものと思っていたので
砲撃のなか前線まで行って歌った話にはびっくりしてしまいました。

本は
『ディートリッヒ自伝』マレーネ・ディートリッヒ著、未来社、1990年
です。
この本、翻訳者が3名います。

たぶん分担して訳したのだと思いますが
少女時代と戦時中とそれ以外の部分(女優の話)、文体が全然違って驚きました。
女優の話の部分がとても読みづらくて残念でした。
原語で理解出来たらいいのですが、そんな語学力はありません~。

でも、十分ためになりました。
今の時代、負けるな、耐えろ!強くなれ!という人があまりいない気がします。
松岡修造くらい?

厳しいことを言われるって、必ずしも悪いわけではないと思うようになったのは
20代後半になってからでした。

ディートリッヒを支えた「教え」も自分に言われたものと思って
成長のチャンスにできればいいなと思います。

今日はなんだか語ってしまった。
お茶でも飲もう 旦(`v´し)←さっそく自分に甘い(笑)

PageTop

郡上八幡もみじ狩り

今日は、郡上八幡のもみじ狩りについて書きます。

いつもより早い電車で行ったので
朝の郡上八幡を見ることができました。

霧につつまれた幻想的な山。




この日は特別で、お城で火縄銃の実演を見ることができました。

DSCF2535.jpg

普段は大垣で活動している鉄砲隊だそうです。
すごい音でした!

夜はお城がライトアップされるということで
それまで散策。
郡上八幡のもみじは見ごろを迎えていました。

IMG_1285.jpg

DSCF2595.jpg

今回、地元の方が行くスーパーなどにも行ってみました。
途中すれ違う小学生からあいさつをされ、ちょっとたじたじ。

知らない人に話しかけるな、という教育はしていないんですね。
あいさつすることで逆に防犯の意味もあるかもしれません。
あいさつを返さなければ、変な人ですから。

ほかにも、いつもと違うエリアを歩いてみると
素敵な日本庭園のあるお寺を発見!

DSCF2602.jpg

DSCF2603.jpg

DSCF2609.jpg

明治時代から続くお寺だそうです。
手入れされたお庭の美しさに感動しました。


やがて、だんだん日が暮れてきて
こんな景色も。
DSCF2613.jpg


とっぷり日が暮れてから、お城に向かいました。
夫(´・ω・`)撮影の写真でお届けします。
夜の郡上八幡城 もみじとともに!

IMG_1282.jpg

世界糖尿病デーで、青いライトアップでした。
糖尿病予防と青の関連はわかりませんが
赤いもみじと対照的でとてもきれいでした。

たっぷり楽しんで、帰宅。
お土産もどっさり。

何度行っても、毎回良いです(・∀・)
紹介しきれなかった写真もあります。
アルバムもぜひご覧ください。

PageTop

半田市

久しぶりの更新。

先日、半田市に遊びに行ってきました。

ミツカンミュージアムという酢の博物館が
リニューアル?オープンだったので
のぞきに行くことに。

DSCF2513.jpg

事前予約していないと見られないのですが
お土産コーナーだけは入ることができました。
酒粕だけで作った黒いお酢を買って帰りました。


DSCF2491.jpg

ミツカンの倉庫。蔵というべきかな。
運河に沿っていくつも建ち並んでいます。


横浜にしかないと思っていた赤レンガ倉庫がありました。

DSCF2504.jpg

もちろん、ビールもあります。

DSCF2511.jpg

カブトビールという、しっかり味のビールです。

Wikipediaによると。
初代中野又左衛門という方が
江戸ですしが流行っているのを見て、半田でお酢を作り始めたのが
ミツカンの創業だそうです。

その後、中野又左衛門家に養子で入って家督を継いだ4代目中埜又左衛門さんが
ビール事業も始めて、カブトビールを売り出したそうです。
宣伝上手だったとか。


赤レンガ倉庫はビール作りのためいろいろな工夫がされていたそうです。
例えばこの断熱構造とか。

DSCF2505.jpg

倉庫には戦争の傷跡も残っていました。

DSCF2507.jpg

機銃掃射の跡。


歴史を感じる小旅行でした。


帰宅後は、お土産の柿大福(`u´し)

DSCF2518.jpg

PageTop

郡上八幡、ふたたび。

またまた、郡上八幡に遊びに行ってきました。
本当に、何度行ってもいい所です。

今回の旅の目的は、紅葉狩り+ふるさとまつり。

ふるさとまつりでは、鮎雑炊と奥美濃カレーを食べようと思っていたのですが
どちらもお昼頃に完売!
花や鯛焼き、お菓子など、いろいろなお店が出ていましたが
おまつり終了時刻の前にはほとんど売り切れでした。

余らせて捨てるようなことにならないよう、大量に作らないのかもしれません。
自然とともに暮らす人たちだからこそ、そういう姿勢が身についているのかも。

代わりというわけではないですが、鮎ご飯をいただきました。

DSCF2446.jpg

炊き込みご飯に鮎の塩焼きがどーんと載っている感じ!
とてもおいしかったです。


紅葉は、もう少し先のようです。

DSCF2450.jpg


この日は11月1日でしたが、まだハロウィンの飾りつけを楽しむことができました。

柿でハロウィン!
DSCF2447.jpg

こちらはカボチャ!
DSCF2436.jpg

イベントが終わったらすぐ次のイベントの飾り付けをするデパートとは違い
ま、もう一日くらい飾っておくかーという感じの
のんびりした雰囲気がまた良いです。

PageTop