シャトー日記

平和な日々の記録。

吾輩は猫である

犬、キリンときて、今日は猫です。


”吾輩は猫である。名前はまだ無い。”

この書き出しが有名な、夏目漱石『吾輩は猫である』。
(`v´し)はまだ読んだことがありませんでした。

有名な作品だから読んでおきたいと思いつつ
なんとなく先延ばしにしていました。

iPad mini を使用しているのですが、
Kindleでこの作品が無料で入手できることを知り
ダウンロード。

こつこつと読み進めて、ようやく読み終わりました。
結局最後まで猫の名前は出てこなかったような。

すごく面白かったです。
笑える面白さ。こういう作品だったとは…。

飼い主の様子を描写したり、訪問客の話を聞いたり。
たとえば、猫の飼い主の妻がいびきをかいて眠る様子は

”細君を見ると未だ口をあいて太平の空気を夢中に吐呑している。”

細君、(`v´し)のようです。(いびき問題は一応解決。)

猫がもったいぶった話し方で人間観察をするところが面白いです。

また、運動と称してカマキリやセミを捕る猫らしい場面もあります。
結末はともかく、全体的にくすっと笑えるような小説でした。

これまでに読んだことのある夏目漱石の作品は、『こころ』だけでした。
高校の国語の授業の教材だったので読まされたといったほうが正しいです。
しかも、かなり重い話…。
それでなんとなく敬遠していたのかもしれません。

ちなみに、『こころ』に出てくる「先生の奥さん」は
名前が出てきます。
その名前を答えよ、という問題が試験で出題されました。

(`v´;し)←答えられなくてまだ覚えている、しつこい人。

だから猫の名前もどこかにちらっと出てきていたかもと思い
ずるいけどネットで検索してみました。

たまとかみーとかいう固有の名前はないみたいですが
「ねこ」が既に名前だとか、いろいろな意見が出てきました。
それも有名な作品ならではですね。

ちょっと話が右往左往しましたが
『吾輩は猫である』は、また読みたいと思える楽しい作品でした。

PageTop

キリンからの春の贈り物

キリン一番搾りをせっせと飲んでいる夫(´・ω・`)と(`v´し)。

応募者全員プレゼントのタンブラーとビールセットを
キャンペーン開始早々手に入れました。

DSCF3116.jpg

DSCF3118.jpg

DSCF3120.jpg

そして、いよいよ近所の桜が咲き始めました。

桜を見たり、このタンブラーでビールを飲んだりして
名古屋の短い春を満喫したいと思います。

PageTop

西日犬

買い物の帰り道、大きな犬のように見えたので
人様の家の塀を撮ってみました。

DSCF3134.jpg

写真撮るのって、面白いかも!

PageTop

備え

最近夫(´・ω・`)からいただいた、救助を求めるための笛です。
ヒトによく聞こえる音が出るそうです。



地震などで、がれきの下に埋もれたときとか。
きゃーー!(`0´;し)と叫ぶ代わりにもなるのかな?

使う日が来ないのが一番ですが、備えあれば憂いなし。
携帯電話につけて持ち歩いています。

その携帯電話を忘れていかないよう、外出時は注意します(笑)

PageTop

久しぶりに

先日、大学時代の友人MとEに会いました。

普段は3人とも別々の県に住んでいますが
およそ2年ぶりに集まることができました。

ふたりはもうお母さんなので
今回は子どもたちも一緒に5人で!

にぎやかで楽しかったです。
ふたりともあやすのが上手でした。
泣き始めてもすぐに泣きやませていてすごかったです。

赤ちゃんいるし早めに切り上げないとと思いつつも
話は尽きず結局6時間くらい…
女子会ってなんであんなに話せるんだろう。
ときどきスカイプで話しているのに、不思議です。
本当に楽しい時間でした。

次はいつ会えるかな。
ふたりとも子育て頑張って~p(`v´し)q

PageTop

テレビによく出る喫茶店

マウンテンという名前の喫茶店に行ってきました。

DSCF3106.jpg

変わったメニューがあるということで
テレビでもときどき取り上げられています。
(どんなメニューか興味のある方は、検索してみてください。)

でも、普通のメニューもあります。(普通のメニューのほうが多い)
量が多くてお腹が膨れるので
夫(´・ω・`)は学生時代よく来ていたそうです。

席に着くと、隣のテーブルで
若い男の子がチェリーやバナナがのったスパゲティを食べていました…。

…(`v´; し)

ひとり1品注文ということで
ミートスパと、サイドメニューのパンを注文しました。

こちらがミートスパ。

DSCF3108.jpg

名古屋らしく、太麺を油で炒めてあります。
トマト感が控えめの和風な?ミートソースでした。
タバスコが良く合っておいしかったです。

サイドメニューのパンを撮り忘れましたが
丸パン2つとバター。これもおいしかったです。

私たちが食べ終わってからも
隣のテーブルの男の子のお皿にはまだスイーツスパゲティが…

もしお店に行くことがあれば、胃腸の強い方や余程の甘党でない限り
普通のメニューをお勧めします(笑)

PageTop

ホワイトデー

月曜日はホワイトデーでしたね。

夫(´・ω・`)からお花をいただきました。

黄色のユリの花。
バレンタインデーのチューリップと同じく、優しい黄色です。
香りがしっかりしていたので、玄関に飾ってみました。

DSCF3113 - コピー

子どもの頃、クレヨンやパステルセットで
減りが早かった色ってありますか?

(`v´し)はいつも黄色が一番短くなっていました。
白い画用紙に黄色で描いてもあまり見えないんですが
その刺激少なめな感じが好きでした。

それを夫(´・ω・`)に話したことはありませんが
(`v´し)は黄色のイメージなんだそうです。

それと、ゴディバのクッキー。
毎年いただいています。ありがたいです。

DSCF3115 - コピー

年度末でくたびれている夫(´・ω・`)ですが
こういう日を忘れないので、すごいなと思います。

PageTop

晴れた日のハクモクレン

先日晴れたときに、同じハクモクレンを撮ってきました。

DSCF3101.jpg


やっぱり背景が空色だと映えますね。

PageTop

ハクモクレン

先日暖かい日が何日か続いて
ハクモクレンが咲き始めました。

DSCF3092.jpg

撮ってみたんですが、
曇り+逆光でぼんやりとしています。

この日は(`v´し)もぼんやりとしていました(笑)

今日はまた冬に逆戻り。
三寒四温ですね。
春はもう少し先みたいです。

PageTop

小説 薄墨の桜

暖かい日が続いています。
昨日の朝は霧がすごかったですね。

そろそろ桜が気になる季節、ということで
こんな本を借りました。

宇野千代『薄墨の桜』

DSCF3066.jpg

現在岐阜県本巣市にある、桜の話です。
といっても、舞台はほとんど東京です。

桜の話を軸としつつ、人間模様が描かれています。
柔らかい文体に引き込まれるようにあっという間に読み終えました。

とはいえ、漢字にはちょっと苦戦しました。
1975(昭和50)年発行の本ですが、旧字体が頻出!
iPadで手書きキーボードを使い、調べながらの読書でした。

例えば、

體 → 体
關聯 → 関連
繹ねる → 尋ねる
戀 → 恋

など、たくさんの漢字に出会えました。
恋という漢字とか、なんかすごいです。糸、言、糸、心…

恥ずかしながら宇野千代という作家を知りませんでしたが
明治から平成まで生きた作家であり
着物デザイナー・実業家でもあった女性だそうです。

借りた本はかなり古くて表紙の題字も読めるかどうかというものでしたが
発行当時はきれいな装丁が施されていたんじゃないかなぁと想像しました。
中にはきれいな桃色の紙。

DSCF3082.jpg

残念ながら、ほんわかした話ではありません。
でも(`v´し)は桜のような物語だなと感じました。
文庫本も出ているようなので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

余談ですが、高校のときの担任(国語の教師)が
一番好きな物語とおっしゃっていたのは
坂口安吾『桜の森の満開の下』でした。

この話も、すさまじいですよね…。
桜って、何か不思議な力があるんでしょうか。

もし桜でほっこりしたければ、みずほっぺですね(`v´し)

PageTop