シャトー日記

平和な日々の記録。

会議映画

三谷幸喜監督『清洲会議』という映画を観ました。

2013年公開の映画なので、(`v´し)はもう名古屋に引っ越した後です。
当時はまだ、清洲ってどこ?ってレベルでした。

でも公開当時からなんとなく気になっていました。
ようやく鑑賞。

おもしろかったです。わかりやすかったし。

内容とは直接関係ありませんが、
秀吉の家紋が、郡上八幡の春祭りで見た日吉神社の紋と同じでした。
なにかご縁があるのかなぁ。

あと、既婚女性の眉そり・お歯黒をリアルに再現しているのはめずらしかったです。
迫力が凄い・・・


映画を見て思ったのは、やっぱり会議前の根回しが大切なんだということ。
ある方向に持っていこうとするとき、
ひっかかりそうなところを事前に対処しておくことは
会議を円滑に進める上で大切というか基本なのかもですね。

これは、(`v´し)も以前入っていた手話サークルの役員会で体感しました。

根回しって密談ではないけれど
どこか不誠実な感じがして初めは嫌だったのです。

でも、平日の19時から、本来は家族とかとゆっくり過ごすための貴重な時間を割いて
集まっているのだからせめて有意義な時間にして
できるだけ早く終わらせたいとも思っていました。

そのためには、根回しが効果的だったんですよね。
といっても、策略とかじゃなくて事前確認とか資料用意とか
反対しそうな人には詳しく話を聞いておくとか。
ようするに会議準備がほとんどですが。

ちょっと頑張り過ぎて仕事っぽくなり、メンバーには申し訳なかったですが…汗
貴重な経験となりました。

話がそれましたが、会議もの映画。
渋くて、けっこう好みです。

PageTop