シャトー日記

平和な日々の記録。

女子会 in 浜松

静岡市を訪れた帰りに、浜松で小・中学生時代の友人と
ご飯を食べました。

3人で集まるのは2年ぶりくらい。
それでも会ってすぐに打ち解けて話せるというのは
旧友ならでは、です。

元気を充電できた静岡旅行でした。

PageTop

なつかしの静岡

8月13日、静岡まで一人旅をしてきました。

このブログの数少ない読者、Nasbonさんと
静岡在住時代にお世話になった方と三人で
お茶していろいろおしゃべりしてきました。

あー!この静岡ののんびりとしたテンポ!
駅でもゆっくり歩けるし、話のスピードもまったりと。
合うなぁ☆(`v´し)としみじみ。
とても楽しく過ごせました。

その後、静岡市美術館のエッシャー展に行きました。
作品数が多く解説もわかりやすくて、とても充実した展示でした。

ちびまる子ちゃん風に「やっぱり静岡市はいいねぇ…」と
心の中でつぶやきながら帰りました。

PageTop

姫路城

まだまだ続く夏の思い出in姫路シリーズ。

あずきミュージアムの後は、姫路城天守閣へ!

お城の知識をいろいろ仕入れていたおかげでとても楽しく見ることができました。
足軽になって攻め入るつもりで見るとお城の守備力の高さがよくわかります。

真っ白な姫路城。
太平洋戦争の夜の空襲対策に黒い布をかけたそうですが
その名残の布をかけた釘も見ることができました。
とくに説明書きがなかったので、予習しておいて良かったと思います。

6階まで階段だったのでいい運動にもなりました。
最上階には神社がありました。

それにしても、お城の最上階ではいつも疲れた顔をしている気がします(`v´;し)
遊ぶにも体力が要りますね。

DSCF4427.jpg

PageTop

あずきミュージアム

夏の思い出その2です。
インスタントラーメンのミュージアム(大阪・池田)に行った後は
姫路に移動しました。

大判焼き・今川焼などいろいろな呼び名がある回転焼。
姫路で有名なのは「御座候」という立派な名前の回転焼です。

そのメーカーが、あずきミュージアムという施設を持っていて
見学してきました。

あずきさんという、かわいいキャラクターに会いたくて行ったのですが(笑)
出勤していませんと言われてしまいました。

あずきさんに会えなかったのは残念でしたが
あずきについてこれでもかっ!というくらい詳しく掘り下げた展示で
見応えがありました。
あずきと文化の関わりの部分がとくに面白かったです。

豆をボンドで貼り付けていくクラフトアートもやってみました。
夫(´・ω・`)の得意分野ですが、(`v´し)の要らぬ口出しで
完成した物は微妙な感じに…
でも久しぶりの共同作業は楽しかったです。

あずきを育てる苦労や豆の効能などを知ってから頂く御座候は一段とおいしくて
またまた冷凍保存する間もなく食べてしまいました。

次はあずきさんに会えるよう、出勤日数増やしてもらいたいです。

DSCF4386.jpg
↑白いワンピースを着ているのが、あずきさんです。

PageTop

インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメン発明記念館に行ってきました。

自分だけのカップヌードルを作ることができるという施設です。

カップに絵を描いて、麺をカップに入れる機械を操作して
スープと具を選んで
DSCF4366.jpg

ふたをして、フィルムで包装する様子をみて
DSCF4371.jpg

お持ち帰り~☆

楽しかったです(`v´し)
具とスープの組み合わせは事前に決めておかないと迷います(笑)

展示してあった、日清のインスタントラーメン歴史トンネル。

DSCF4378.jpg

混んでいたのでひとつひとつゆっくりと見ることはできませんでしたが
写真をよく見てみると「熱帯U.F.O」とか「どん兵衛おそうめん」とか
面白い種類もありました。

遊び心を感じます。

PageTop

角度を変えて

ちょっと角度を変えてみると、違ったものが見えてくるのかも・・・と思いつつ撮りました。

IMG_1906.jpg

近所の野球場の建物の一部です。

見方を変えても、野球場であることにかわりは無いですが…。

なーんて、あれこれ考えるには暑すぎます。
秋の楽しみにとっておきましょう。

PageTop

良京パワー

結婚前はカレーが苦手だった夫(´・ω・`)ですが
(`v´し)が好きなので合わせてくれていて
最近はときどきリクエストしてくれるまでになりました。

カレーによく添えてある良京。
初夏の頃漬けたものがまだ残っていますので
カレーのときにはテーブルに並べています。

良京、じつは夏にぴったりの効能をもつ食材だったようです。

・カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、食物繊維、たんぱく質などを含む
・玉ねぎにも含まれる硫化アリル(独特の香りのもと)が豊富で
硫化アリルには糖質を分解し、エネルギーを生み出すビタミンB1の働きを助ける作用がある

カレーはルウにもご飯にも糖質たっぷりですので
分解には大量のビタミンBが使用されると思います。
カレーと良京の組み合わせ、考えた人はすごいですね。

酷暑ですが、(`v´し)の胃腸は今のところ元気です。
むしろ食べないと、名古屋の夏は乗り切れないということがわかりました。

旬のものなどを食べて効率良く栄養摂取したいところです。


#少し投稿日時をいじりました。

PageTop

涼感

カキ氷や冷房などの物理的な方法以外で涼しさを感じることはできないか
いろいろと試しています。


・美しい芸術に触れる

・怖い話などを読んだり聞いたりする

ホラーじゃなくても、怖い話はいろいろあります。

・雪景色などを含む映画を見る

プールで泳ぐ様子や川の様子などもいいかもしれません。

・風鈴やガラスのインテリアを飾る


あの手この手で涼感を得ようと工夫しています。
いい方法があれば教えてください^^

PageTop

防災バッグ

先日、区のお祭りでクイズスタンプラリーに参加して防災グッズをもらう
という企画に参加してみました。

戦利品です(`v´し)

2016080914060000.jpg

区のゆるキャラ、みずほっぺ付き防災バッグです。

地震県民ですから防災バッグは一人暮らしのときから持っていましたが
予備ができて良かったです。

先日、阪神淡路大震災で被災した主婦の体験談を読みました。
家財を守るために野宿した話や、地震発生直後から盗難が頻発するという
血も涙もない話などが載っていてぞっとしました。
自分や家族の命を守る以外にも気をつけることがあるんだなと勉強になりました。

よく考えて防災バッグを準備したいと思います。
定期点検もお忘れなく!

PageTop

ポンペイの壁画展

先日、名古屋博物館で開催中の”世界遺産ポンペイの壁画展”を観てきました。

ポンペイとは、西暦79年に起きた火山の噴火で火山灰(火砕流)に埋もれた
イタリアの町だそうです。
この企画展を知るまで町の名前も知りませんでしたが
古代の壁画や建物から生活用品まで丸ごと地中に埋もれたので保存状態がよく
当時の生活がよくわかるというので、興味津々出かけました。

今回は、金子史朗著 『ポンペイの滅びた日』という本で予習をしてから行きました。

見上げるような高さの壁画が何枚も展示されていて、圧倒されました。
ほとんどの絵が、乾く前のしっくいに着色するフレスコ技法で描かれていたのですが
この技法がすごいのか火山灰のおかげか、どの絵もきれいに残っていて感動しました。

大学教授の講演も開催されていたので聴いてきました。
皇帝の像の周りに描かれていたとされる壁画はいずれも子どもたちを題材としたもので
皇帝が教育や人材育成に配慮していることを示そうとしている、という話が印象的でした。

展示されていた壁画はほとんどがギリシャ神話を題材としたものでしたが
古代でも現代と同じく様々な人間関係と現実的な生活、
そして複雑な感情の動きがあったんだなぁとしみじみ感じながら鑑賞してきました。

観に行って良かったです。

PageTop