シャトー日記

平和な日々の記録。

今年もお世話になりました

ブログを月水金の定期更新にしてからもう少しで1年になります。
「定期的」な何かがとーっても苦手な(`v´し)ですが
なんとか続けることができました。

コメントをくださった皆様のおかげです。
ありがとうございます。

刺激の多い都会での生活や変化の激しい時代(大げさ!)においては
毎日の習慣や定期的な何かが自分を支える足場になるのだと学びました。

30歳も過ぎてちょっと遅い気づきですが
ブログを始めて良かったと思います。

今後ともよろしくお願いいたします(`v´し)

PageTop

ジュゲム

今日、『寿限無』という落語を大人になってから初めて聞きました。

子どものとき、テレビの昔話かなにかで観たのであらすじは知っています。
でも名前の意味は、おめでたい名前ということ以外はよくわかっていませんでした。
意味を調べたりしているうちにいろいろ考え始めてしまったので
それについて書いてみます。


古典落語『寿限無』を手話通訳してください。

と言われたらどうでしょうか?

(話芸を、訓練を受けていない落語の素人(手話通訳者)が訳すことの賛否については
ここではちょっと置いておきます。)


あの落語の面白さのひとつは、長い名前を落語家が早口で話すところだと思います。
当然手話もあの速さで表出しないといけない…

寿限無の名前のそれぞれの意味を理解した上で手話表現にすることはできます。
でも聴こえる人があの落語を聞く時、名前の意味は考えずに聞いているのではないでしょうか。
(あ、(`v´し)だけですか?)
指文字で意味不明な感じにするほうが適切なのかなぁと思ったり。
でも指文字じゃ速さが追い付かない…

高速指文字か手話にするか、どちらにしてもスピードが命です。

(`v´し)が最も苦手なところ。
手話以前に、母語で話すときの速度を上げなくてはですが。

ちなみに英語版『寿限無』は、名前の部分は日本語のままでした。
名前の意味は伝える必要なしということですね。

Jugem by Katsura Sunshine
※Youtubeです

さておき、落語『寿限無』の面白さがどうすれば聴こえない人に伝わるのか
サークルで話し合ってみるのもいいかもと思いました。
来年機会があったらサークルの皆さんに聞いてみたいです。

続きを読む

PageTop

プレゼント

DSCF5723.jpg

クリスマスは、たくさんのプレゼント(ほとんど宅配便)の開封大会でした。
ケーキとカードももらいました。

プレゼントはたくさんあって、どれも嬉しかったです。
欲しいと思っていた調理器具や調理家電などが一気にそろいました。
ほかにもいろいろ…ありがたいことです。

中でもスペシャルなプレゼントは、この愛らしいジュエリーボックスです。

DSCF5730.jpg

キルティング風でかわいいです(*´ω`*)
夫(´・ω・`)から贈られた指輪などはこの箱に入れてあげようと思います。
永く大切に使っていきたいと思います。

PageTop

クリスマスの歌

昨日は家の用事で久々にこもっていたのですが
ラジオから流れる曲が見事にすべてクリスマスソング!
あまり寒くありませんが、もうそういう時期ですね。

「ラストクリスマス」という曲がありますが
メロディの美しさからラブソングかと思っていたら
失恋ソングなんだとか。

このブログを読んでくれている方は
みなさん英語が得意なのでご存知だと思います。
(`v´し)は夫(´・ω・`)から教えてもらいました。

"you gave it away"という言い方、ぽいって感じがして覚えやすいです。
覚えても使う機会はないですけど。


今読んでいる本にもクリスマスの歌が載っていたので紹介します。

クリスマスりんりん響く鈴の音を全く無視してスタディハード
(田中章義作)

短歌の折句という技巧で五七五七七のそれぞれの頭文字に
「クリスマス」に5文字を折りこんであるそうです。

読んでいる本は俵万智『恋する伊勢物語』です。
古文の短歌も解説付きだとわかりやすくて面白いです。
手紙のやりとりで恋が進展していく様子、とても風流です。
声を出して笑ってしまうところもあって、おすすめです。特に女性に。

我が家のクリスマスは、プレゼントの山を開封する
楽しいものになりそうです。

お酒も飲み過ぎてしまいそう。
体調には気をつけようと思います。
皆様もご自愛ください。

PageTop

冬至

今日は冬至ですが、名古屋は暖かかったです。
歩いていると暑くてマフラーもコートも要らないかもと思うほどでした。

最近は、本を読んだりサークルに参加してみたり。
相変わらずまったりと過ごしています。

今日はサークルで年末年始の予定が話題になりました。
お正月は熱田神宮に行く人が多くて、さすが名古屋だなーと思いました。

読書については、児童書のような本を読んで楽して冊数を稼いでいます。
といっても冊数の目標があるわけではないですが。

村山早紀『コンビニたそがれ堂』という本を読みました。
文庫本で、作者は児童文学作家です。
文字が大きくてさらりと読めます。でもじんわりとくる内容です。
けっこう良かったので紹介してみました。


明日からは日が長くなる一方です。
そう考えると朝が楽しみになります。

(´・ω・`)「でも朝起きないでしょ」

(`v´し)「・・・まぁね」

PageTop

徳川美術館

徳川美術館で昨日まで開催されていた
やまと絵の企画展を見てきました。

おなじみ源氏物語の挿絵だけでなく
掃墨物語や古今著聞集など面白そうな絵巻が並び
興味をひかれました。

掃墨物語は、ある娘が白粉と眉墨を間違えて逆に塗ってしまい
男に驚かれて娘凹む→その後娘は出家という話だと紹介されていました。
読んでみたくなります。

この絵を見ていた学生風の男女二人組の会話。
男性「白粉と眉墨って間違えるか?」
女性「それを言っちゃおしまいだよ」

たしかに(笑)

古今著聞集も面白そうな内容でした。
今度図書館で借りてみようと思います。

PageTop

おしゃべりの力

今日はまた夫(´・ω・`)が大変なときでしたが
(`v´し)はランチに行ったり、飲みに行ったりと
遊び呆けてきました。

ランチでは、老舗喫茶店でご近所の方とおしゃべり。

飲みでは、用事で名古屋に来ていた高校時代の友人とおしゃべり。

どちらも笑って笑って、本当に楽しい時間でしたー。

女性同士のおしゃべりは、とても不思議な力があります。
何時間も話しても疲れない。むしろ最後は話す前より元気になっている。
話題はコロコロ変わるし、結論を出す話もしないけれど
なぜかすごく元気になるんです。
ランチ2回目のお相手でも、15年の付き合いの友人でも。

(`v´し)は充電完了です。
この元気を、疲れて帰ってくる夫(´・ω・`)に分けてあげたいと思います。

PageTop

クリスマス会

今日はサークルのクリスマス会に参加してきました。
夫(´・ω・`)は朝早くからお仕事へ。
大変なときにすみません、楽しんできてしまいました。

まずはクリスマスソングを手話つきで。
教会に通う人たちが歌う、本格的な「聖しこの夜」でした。
よく知られている「聖しこの夜」とは歌詞が違いました。

つぎに、食パンでケーキ作り。
フルーツや生クリームは用意してくださってあって
型抜きしたりポッキーのようなお菓子を使ってデコレーションしました。
完成したら、一番良いケーキに投票し、グランプリを決めました。

IMG_2228.jpg

写真中央あたりにあるケーキがグランプリをとりました。
お菓子の家風ですごくかわいかったです!

それから、絵を言葉で伝える伝言ゲーム。

IMG_2231.jpg

これはチーム対抗戦でした。上手く伝えられて(`v´し)のチームが勝利♪

それからいくつかゲームをやって、プレゼントをいただいて終了しました。
プレゼントには、お菓子の詰め合わせが入っていました。

毎年すごく楽しいので、今年も楽しみにしていました。
参加できて良かったです。

PageTop

ついに休園

東山動植物園の動物園エリアと植物園の一部が休園になってしまいました。
防疫のためということです。
目に見えない菌との戦いは大変なご苦労だと思います。
また元気な動物たちに会える日を楽しみにしています。

亡くなってしまったコクチョウ。
DSCF4831.jpg

DSCF4829.jpg

(2016年10月撮影)

動物園自体に反対する人たちが優勢になってしまいそうです。

動物園だけでなく、もちつき大会、除夜の鐘、昨日の夫(´・ω・`)との外出(内輪話ですが)などなど
問題が起きたら一切をやめるのではなく、どうしたら問題が起きないかを工夫しないと
何もできなくなってしまいます。
工夫して前に進むために人間の知恵があるはず。

話はそれましたが、動物園の再開を楽しみにしています。

PageTop

負けないで

東山動物園でコクチョウが死んでしまいました。
鳥インフルエンザの疑いだそうです。
そのため、鳥が集まっている場所は閉鎖へ。
ペンギンやエミューなども野鳥との接触を避けるため
展示スペース全体にネットがかけられたそうです。

そしてなんと、癒しスポットの小鳥とリスの森も閉鎖してしまいました。
ショックですΣ(`-´し;)

でも、かわいい小鳥たちが病気にかかってしまっては大変…
しばらくは写真で我慢です。

DSC03437.jpg

DSC03443.jpg

DSC03445.jpg

夫(´・ω・`)撮影の写真です。

いろいろと考えてしまいますが
ともかく動物たち(鳥たち)の無事を願います。

PageTop