シャトー日記

平和な日々の記録。

紫陽花

今月の初めころ紫陽花が我が家にやってきました。

DSCF6817.jpg

シーボルトが来日した頃
紫陽花は「オタクサ」と呼ばれていたそうです。

シーボルトの日本人妻が「お滝さん」だったことから
お滝さんがうまくいえなくて「オタクサ」になったのではという説もあります。
展示の中にも写実的な紫陽花の絵がありました。

我が家にやってきた紫陽花は
水をあげるとぴーんと元気になり
水が足りないとしおれる、大変わかりやすい子です。

花はほとんど終わってしまいましたが
来年また咲いてくれるように大切に育てたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分からは根を上げないけど,堪えられず
しおれてしまっても,水をあげると元気.

しおれる前に水をあげるという優しさが必要ですね.
そういう意味でも,日本的な花なのかもですね.

モチベーションが流行りの時勢が忘れてしまいそうな,
もともとこの地で大切だったであろう価値観を感じますね
(キリッ(・`ω・)ドヤッ)

ちなみに,我慢が大切と言って若手を育てるよりは‥‥
やめておきます(^_^;)

通りすがりの者 | URL | 2017-05-29(Mon)19:31 [編集]


Re: タイトルなし

通りすがりの者さん、コメントありがとうございます。
気遣い文化の日本らしい花といえるかもしれませんね。
人を育てるのは、花とは違い複雑で難しそうですね。

(`v´し) | URL | 2017-05-31(Wed)17:50 [編集]