シャトー日記

平和な日々の記録。

シーボルト展(後期)

4月から今月半ばまでまで開催されていたシーボルト展。
また行ってきました。

巻物や絵は場面替えされていました。
職人尽図巻という絵巻物に畳職人が描かれていて
手話の<畳>のもととなった動作を見ることができました。

流行りのメイクをした女性の絵や着物、袱紗など
後期だけの展示品もあり面白かったです。

もちろん前期に見た魚の器や金色のピクニックセットなどにも
また会うことができました。

この展示がなかったらシーボルトや当時の日本について
こんなにいろいろと見ることも知ることもなかったと思います。

今年度は名古屋博物館が40周年で
秋にはピーター・ラビット展も待っています。
それも楽しみです♪

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する