FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

徳川美術館

徳川美術館で開催されていた秋の特別展示
「大名家の御用アーティスト・天璋院篤姫と皇女和宮」
を観てきました。

御用アーティストの作品は
中国の故事を描いたものや
画面に大きく描かれた鯉、魚をとる鵜の様子など
武家屋敷に合いそうな力強い絵が多かったです。

でも家光将軍が子どもの頃に描いた鳳凰は
小鳥みたいで可愛いかったです。

一方篤姫と和宮の展示は
公家から幕府に嫁入りした和宮と
前御台所である武家育ちの篤姫との比較でした。

着物や髪形、化粧道具など
公家と武家とは全く異なっていたようです。
それにしても、二人とも化粧道具の数が多くて驚きました。

江戸城無血開城や徳川家の存続のため力を尽くした二人の話を
思い浮かべながら展示を観ました。

ちなみに常設展で掃墨物語が展示されていました。
顔を眉墨で黒く塗った娘に再会できてよかったです^^

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大河ドラマ「篤姫」全部見たから興味ある♪
武家と公家の違いも面白そう!

Riewmn | URL | 2017-11-20(Mon)21:29 [編集]


Riewmnさん、コメントありがとうございます

大河ドラマ「篤姫」人気だったよね!
美術館も女性客が多い印象でした。

ちなみに(`v´し)は子どもの頃に読んだティーンズ向けの文庫本が
和宮との出会い?です。

(`v´し) | URL | 2017-11-22(Wed)17:06 [編集]