シャトー日記

平和な日々の記録。

ランス美術館展

12月にランス美術館展へ行ってきました。
ランスはフランスのシャンパーニュ地方にある都市だそうです。
ランス美術館には、シャンパンで富を得た人などが収集した
たくさんの美術品が収蔵されているのだとか。

人物の絵、静物画、風景画など
様々な油絵が展示されていました。

どんな部屋に飾られていたのかなぁとか
この絵の女性は愛想笑いしてるなぁとか
あれこれ考えながら楽しく鑑賞しました。

今回の撮影スポット。(入口前)
DSC04523.jpg

じつはもう1か所、絵の中の人物になりきることができる
撮影スポットがありました。
<ダヴィッド(および工房)マラーの死 1793年>という
お風呂に入って手紙を書いているときに暗殺された人の絵を
再現できるコーナーです。

(`v´し)もやってみましたが
恥ずかしくて絵に忠実には再現できませんでした。
あーいうのは、恥ずかしがらずに楽しんでやるほうがいいのかもです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さすが、(`v´し)さん。面白すぎる!爆笑
絵画を見て「この人、愛想笑いしてるな」って。
なかなか居ないよwwそういう見方をする人ww
今度、絵画見る機会があったら、やってみようww

Riewmn | URL | 2018-01-08(Mon)19:46 [編集]


Riewmnさん、コメントありがとうございます

芸術に詳しくはないので…^^;
良い絵の具使ってるわーとか言えないし。
自分なりの楽しみ方でいいんじゃないかなと思ってます。
ちなみに印象派の絵は眼鏡を外して裸眼で見るときれいだよ^^

(`v´し) | URL | 2018-01-10(Wed)15:40 [編集]