FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

秋まつり♪

東山動植物園では秋まつり開催中です!
akimatsuri2020.jpg

コロナ対策をしつつ、お祭りを楽しめるように工夫されたイベントが
いろいろ行われています。

夏の終わり頃のリス。夫(´・ω・`)撮影です。
IMG_2874.jpg

リンゴをかじっています。本当は鳥のエサです(笑)
かじり尽くして、もう芯しか残っていない^^;

10月頃からクルミが与えられるようになり
元気に走り回って貯食をしています。
体毛のモフモフ感が増してきて可愛さ全開です。

活発なリスたちに会う時間は楽しい&癒しの時間です。

また、今月20日にキリンの赤ちゃんが生まれました。
母キリンは浜松動物園生まれのマオです。
公式の動画はこちら


実際には柵があって、ここまでしっかりと見られませんが
小さなキリン(といっても170cmくらいあるそう)も
秋まつりを盛り上げてくれています^^

気になるのは人気投票!ニホンリスは何位になるかなぁ。
前回は21位だったそうです。結果発表が楽しみです^^

PageTop

秋のバラ

動植物園のバラ園が見頃です。
00_20201012234524a80.jpg

ジョン S. アームストロング
JohnSArmstrong.jpg

よく見ると男性の名前がついたバラもいくつか植えられていました。
クリスチャンディオール、オーナー ドゥ バルザック、
ビクトルユーゴ、アンドレ ル ノートルなど。
アンドレルノートルという人はベルサイユ宮殿の庭園を設計した人だそうです。
花といえば女性と思ってしまいますが
欧米ではそうとは限らないんですね。

バラで日本人の名前がついているものは
プリンセスミチコとかプリンセスマサコとかプリンセスアイコとか女性が多いですね。
(`v´し)が知らないだけかもしれませんが
「漱石」とか「タキシード仮面」とかがあってもいいような気もします。

少し離れたところに咲いていた
スブニール・ドゥ・アンネフランク
SouvenirdAnneFrank.jpg

花を見ると脳内お花畑も喜んで心が和みます。
00_20201012234524a80.jpg

PageTop

インコ

イギリスの動物園に口の悪いオウム(オウム目インコ科)がいて
子どもに良くない影響を与えるからと
バックヤードに移されたというニュースを見ました。

東山動植物園にもインコが数種類います。
密輸が発覚して保護されたという経緯の子たちが多いみたいです。(´・ω・`)

キエリボウシインコ
IMG_2933.jpg

後頭部の羽は黄色いです。
この子はときどき、「バイバーイ」と言います。
これを良くない英語で"xxxx off!"とか言ってしまうと
バックヤード行きなんですね…。バイバイはセーフ!^^;

イギリスの件、鳥が悪いんじゃなくて
悪い言葉を教えた人間が悪いはずなんですけれどねぇ。

東山のキエリボウシインコはコアラ舎の隣にいます。

コアラ舎では昨年12月に産まれた仔コアラ
インディコちゃんが大人気です。(写真は9月のもの)
IMG_2930.jpg

母ティリーの背中に乗って移動します。
オーストラリア産動物共通の太々しさがまだ少なめで愛らしいです。
最近はさらに大きくなってきて母コアラが重そうにしています。
1歳未満ですがそろそろ単独行動するんでしょうか。

コアラ舎まで来たら、インコにも会って話しかけてみると楽しいかもしれません^^

PageTop

歩こう

9月の歩数をチェックします!

280,586歩

思っていたより歩いていました^^;
ちょこちょこと図書館へ行ったり、動植物園を歩き回ったおかげでしょうか。
秋晴れの空の下を歩くのは気持ちが良いです。

マスクはまだ外せませんが
ただでさえ少ない肺活量がさらに衰えないよう
適度に歩きたいです。

PageTop

温室

久しぶりに東山動植物園の温室へ行ってきました!

音符のような形の花が咲いていました♪
IMG_3026.jpg

IMG_3027.jpg

IMG_3029.jpg

夫(´・ω・`)撮影です。
(`v´し)撮影はこちら。

00.jpg

01.jpg

クレロデンドルム・マクロシフォンという立派な名前がついています。
画像検索をすると花弁が開いているものがあり、夜開性という言葉も見つけましたので
オシロイバナのように夜開くのかもしれません。
でも写真の中には花弁が開いているものも一部ありますね。

閉じているときは音符のようでおもしろいです(`v´し)♪


それと、6月に発芽して7月に見に行ったショクダイオオコンニャク
(↓写真は7月に撮影したもの)
2020070412180000.jpg

が、大きく成長していました!
02.jpg

さすがは熱帯雨林の植物です。
花が咲くまでは数年かかるみたいですが
世界最大の(臭い)花を見る日は、そう遠くはないのかもしれません。

PageTop