FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

アンガーマネジメントとやら。

少し前に『アンガーマネジメント11の方法』という本を読みました。
ポッターエフロン夫妻が書いた本(の翻訳)です。

アンガーマネジメントって、数年前くらいから
テレビなどで時折聞くようになった言葉のような気がします。
6秒我慢すれば怒りの衝動は収まるとか。
アンガーマネジメントセミナーも流行ってるとか。

たぶんもとはアメリカ発だろうと思って
アメリカ人の著書を読んでみたんですが
ちょっと意外でした。

この本では怒りを分類して、それに対する向き合い方を説明していました。
「怒らない人」(いらっとしても感情を外に出さない)も隠された怒りというパターンだそうです。
怒りは豊かなコミュニケーションに必要な感情であり
正しく向き合って解消しなければならないと
本に書いてありました。

アンガーメンジメント関連で日本人の著書を検索すると
「怒りが消える…」「…いらいらしなくなる…」
「怒らない…」といった言葉を含むタイトルが並びます。
6秒ルールの紹介からもわかるように
「怒り(の衝動)を我慢する方法」の紹介で終わってしまっているのかもしれません。
衝動を抑えた後、その怒りを分析して解消しようというところまでは…
(セミナーに出れば紹介しているのかもしれませんが)
少なくともテレビやラジオでは
我慢の点だけが強調されているような気がします。

(`v´し)もなんとなく怒りはダメと思い込んでいたので
怒りという感情を肯定的に捉えるこの本は目から鱗でした。
隠された怒りのパターンも数種類あって、とても興味深い内容でした。
興味のある方はぜひご覧ください^^

PageTop