FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

長くつ下のピッピ展

6月まで松坂屋美術館で開催されていた
長くつ下のピッピ展にひとりで行ってきました。
DCIM0841.jpg

本が友達だった(汗)子どもの頃、よく読んだシリーズです。
ピッピは長い靴下をはいている9歳の女の子です。
父親は船乗りで行方不明に(のちに生きていることが判明)。
金貨をたくさん持っていて、ひとりで父の別荘に暮らしています。
隣の家には男の子と女の子の兄妹が両親と住んでいます。
兄妹とピッピは毎日楽しく遊びます。

ピッピの、奔放で、したくないことはしないところ、
床でジンジャークッキーの生地をのばすような自由なところ、
馬を持ち上げる怪力など
自分にはできないことばかりを次々と成し遂げるところが
読んでいてすごく楽しかったのを覚えています。

もとは作者アストリッド・リンドグレーンが
風邪を引いた娘にベッドで聞かせてあげた話だそうです。

展示内容は、作者が娘に作った手作りの原本があったり
(文はタイプライターで打っていました)
初版のピッピの本があったりと貴重なものがたくさんありました。
作者の生涯にも注目した展示で興味深かったです。

(作者の生涯)
19歳で既婚男性の子を産んでシングルマザーになる。
男児は預けて時々会いに行く生活。
秘書としての訓練を受け就職、結婚し男児を引き取る。
大学教授(犯罪学)の秘書として働く。
特別情報機関の郵便検閲局に秘密裏に採用される。
教師や事務員、主婦をしながら執筆活動をする。

時代が時代なだけに結構すごい人生経験ですね。

写真が撮れる場所もありました。
DCIM0833.jpg

DCIM0834.jpg

DCIM0840.jpg

ピッピ以外の作品も紹介されていました。
ロッタちゃんシリーズは(`v´し)が気になったもののひとつです。
ロッタちゃんはかなり気の強い女の子です。
母親とけんかして、手編みのセーターを切り刻んで
家を出て隣の家の物置小屋でひとり暮らしを始めます。
そのときの部屋が再現されていました。
DCIM0835.jpg

DCIM0836.jpg

お気に入りの子豚を連れて。
DCIM0837.jpg

結局、夜真っ暗になって怖くなり、父親のお迎えで自宅に戻り
母親に謝ります。

また、「山賊の娘ローニャ」の原作は彼女の作品だそうです。
スタジオジブリのアニメの原画?も置いてありました。
「山賊の…」は見たことありませんが、ジブリファンとしては嬉しかったです。

懐かしさだけでなく、知らないこともたくさん発見できて
見どころたくさんの展示でした。

PageTop