FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

古代アンデス文明展

名古屋市博物館で12月初めまで開催されていた
古代アンデス文明展がすごく良かったです!
(`v´し)は合計3回行きました。

ほぼ全て(ミイラと映像以外)写真撮影OKだったので
2回目以降は一眼カメラを持って行きました。

この展示の楽しさは、出土品の意匠が
キャラクターみたいで親しみやすいことでした。
ジブリのような、ドラクエのモンスターのような。
もちろんアンデス文明が先ですが^^;

こちらはモチェ文明の土器です。
DSC06982.jpg
展示タイトルは「儀式用ケープをまとった人間型超自然的存在の像が付いた土器の壺」
紀元後500-600年頃のものだそうです。

実はきれいに撮れたのはこの写真くらいでピンボケ写真が多いですが
よろしければ続きをどうぞ!

時代や地域によってインカ、シカン、モチェ、ナスカ文化などがあり
総称して古代アンデス文明というそうです。
その展示なので様々な時代・地域の出土品がたくさん並んでいて
見応えのある内容でした(いつも同じ感想ですみません)。

人が儀式で幻覚剤を摂取して猫になりきっていく様子を表した頭像(テノンヘッド)。
DSC06952.jpg

「刺青またはフェイスペイントをした小僧」紀元前1200~前800年
DSC06956.jpg
お腹の穴から息を吹き込むとオカリナのように演奏できるそうです!

すり鉢とすり棒 紀元前900~前500年
DSC06955.jpg

アンデス山脈の西側や標高の高いところは乾燥地帯なので
保存状態が良好なものが多いそうです。

お酒を作る夫婦の像。ほのぼの(`u´し)
DSC06958.jpg
船上の海の神を象った土器。
DSC06980.jpg
モチェ文明の人にとって海は生活に欠かせない場所だったそうです。

トウモロコシの神様を象った土器。
2018120212170000.jpg
よく似たものを千と千尋の神隠しの中で見たような…。

今でもありそうな絵皿。
DSC06987.jpg
現代アートみたいな土器。
DSC06963.jpg
DSC06989.jpg

小さいけれど細かく作りこまれた像。
DSC06971.jpg
たばこ道具。
DSC06991.jpg

織物たちもきれいに残っています。
DSC06961.jpg

2018120212220000.jpg

DSC06976.jpg

キープ。
2018120212220001.jpg

DSC07001.jpg

金属加工技術もすごいです。
IMG_0432_20190112160818786.jpg
IMG_0433_201901121608209a6.jpg
IMG_0434.jpg
エビ!
DSC07000.jpg

専門職を表しているらしい土製の像。
DSC06995.jpg

チムー文化の印象的な像。
DSC07002.jpg
DSC07004.jpg
DSC06978.jpg
膝立ちしています。
DSC07006.jpg

混んでいたり暗かったりであまりきれいな写真は撮れませんでしたが
雰囲気だけでも伝われば嬉しいです。
だんだん解説が雑に少なくなってすみません^^;

アンデス文明の人々は自然(山や海、川)に神様が宿っていると考えていたそうです。
身近な動物や人の姿をデフォルメして絵や刺繍等にするところなどは
今の日本みたいでおもしろかったです。

ちなみに常設展にはインカ模様が織り込まれた着物の帯が展示されていました。
昭和に流行したそうです。松坂屋が保存している資料でした。
鳥の羽で作った織物など面白い資料が並んでいました。

開催期間がやや短め?でした。もっと観ていたかったです!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019-01-17(Thu)20:09 [編集]


古代人の知恵や表現力って素晴らしいなって思う。
信仰によって?考えられない力を発揮するし。
人の行動力やモチベーションって科学的に証明できないんじゃないかなぁ?と思う今日この頃。研究結果が覆されたりするから「確実」ってことは無いんだなっと感じる。…とか真面目に語るww

Riewmn | URL | 2019-01-19(Sat)14:15 [編集]


Riewmnさん、コメントありがとうございます

信じ込む力は本当に底知れないものがありそう。
私もデキル主婦!と思い込めばもう少し要領よく家のことできるかも…笑
ただ、思い込む力すら弱いので効果はいまひとつです^^;

(`v´し) | URL | 2019-01-21(Mon)13:52 [編集]