FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

あいち航空ミュージアムその2

あいち航空ミュージアムの後編です。

DCIM0542.jpg

隣接するモールとの間の通路にある飛び出すアート。

オリエンテーションシアターという部屋では
愛知の航空機産業の歴史等を紹介する3D映像を観ました。
ナレーションが教育テレビのような子ども向けの声で
ちょっと恥ずかしかったです。
小中学校の社会見学とかで使うんだろうなぁと思いました。

1階に降りて退役した自衛隊機などを展示した
実機展示エリアを散策しました。
IMG_0846.jpg

旅客機のシートや警視庁のヘリコプター内部も見学しました。
DCIM0540.jpg

DCIM0536.jpg

映画『永遠の零』に使用されたという復元零戦。
DCIM0535.jpg

零戦の後ろのFlying Box は
愛知県や東海エリアを飛ぶ体験ができます。
(ドローン?の映像に合わせて椅子が動きます^^)
映像に浜名湖も登場しました♪

整備士体験やパイロット体験もできるそうです。
(`v´し)はパイロット体験を申し込みました。
残念ながら夫(´・ω・`)は体調不良で不参加。

整備士体験コーナー
DCIM0544.jpg

パイロット体験コーナー
DCIM0545.jpg

ミュージアムスタッフの説明を受けたあと、
ヘルメットをかぶって搭乗前の機体チェックに行きました。
機体は、体験コーナーのすぐ隣に展示されているYS-11です。

尾翼の美保基地のマークは因幡の白兎(`u´し)
YS-11は旅客機だと思っていましたが
自衛隊の輸送機としても使われていたんですね。
DCIM0533.jpg

DCIM0547.jpg

整備士任せだと思っていましたが
パイロットも機体の異常がないか確認するんですねぇ。
そういえば自動車も乗る前に車体チェックせよと習いますね。

YS-11はプロペラ機です(全体の写真がなくてすみません)。
プロペラが回る範囲には絶対に入らないようにと言われました。
どこがプロペラの回る場所かわかるように機体にラインが入っています。
DCIM0548.jpg

タイミングを逃して写真は撮れなかったんですが
エンジンに小鳥と鳥の巣のおもちゃが置いてありました(笑)
飛行機を外に30分くらい置いておくだけで鳥が巣を作ることがあるそうです。
エンジンを動かす前に取り除くようにしなければいけないそうです。
(エンジンが鳥を吸い込んで故障してしまうので)

また、着陸に必須の航空機前輪は出やすいように
後ろから前へたたむように収納されているという説明も受けました。
DCIM0552.jpg

前輪のタイヤは車のタイヤとは違う硬いものでした。
DCIM0553.jpg

以下2枚の写真はなぜ撮ったのか忘れました…。
DCIM0551.jpg

DCIM0550 - コピー
これが何なのか後で調べようと思ったんだっけかな…。

フレアの跡?を直した場所。(→フレアとは
DCIM0534.jpg

flare.jpg

航空祭や地上展示へ行くと、立派なカメラを持ったお兄さんたちが
こういう場所を熱心に撮っているので真似してみました。
フレアが出た場所なのか、出たフレアが当たったのか
素人(`v´し)にはわかりません。
自分にフレアが当たるってなさそうだから出た場所かな…。

パイロット体験は、思っていたより難しかったです。
結果は
DCIM0556.jpg

フラップの意味がなんとなくわかって勉強になりました^^

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する