FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

中国・四国旅行その5

突然ですがお好み焼きには何をかけますか?
(`v´し)の実家は、焼きながら
ウスターソースを刷毛で塗るという作り方でしたが
あまり一般的ではなかったのかもしれません。
(父が居酒屋だかで見て覚えてきた作り方)

普通は焼いたあとにお好み焼きソースを塗るんですよね。
結婚後は家に常備しています。
愛用しているオタフクソースの広報(?)施設、
Wood Eggお好み焼館に行ってきました!

IMG_1601.jpg

↑卵型の建物!

1階はショールーム(ショップ)とお好み焼き教室など。
2階はお好み焼きの歴史と文化を紹介する展示室になっていて
「おこのミュージアム」というそうです。

=2019.12.13 修正=
写真掲載NGだったようなので文のみに変更します。

いろいろなところにお好み焼きをモチーフにした飾りがありました。

展示室は昔のお好み焼き屋さんの再現から始まります。
お好み焼きは洋食だったとか!ソースだからでしょうか?

昭和30年代のお好み焼き屋を再現した展示もありました。
お好み焼きは当時1枚10円だったそうです!

それからお好み焼きの栄養や種類等の説明がありました。
静岡の遠州焼きが紹介されていました(`u´し)

オタフクソースの原材料で特に重要なのは中心部にあるデーツという果物だとか。
展示室内で、デーツのドライフルーツが試食できます!

日本語ではナツメヤシというそうです。
甘い干し柿のような、元気になる味でした。

展示を観た後、お好み焼きを食べたくなりましたー^^

ミュージアムを見て答えるクイズがあったので
夫(´・ω・`)とそれぞれ応募しました。
また、ショールームで買い物したりお酢の試飲をしたりしました。
とても楽しい施設でした!
いつかお好み焼き教室も参加して、広島お好み焼きを覚えたいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもちょっと変わった施設に遊びに行ってるので
面白そうだなぁって見てます。
ルーツを知ると身近なものでも色々な人たちの思いに触れられますね( *´꒳`*)੭⁾⁾

chigus | URL | 2019-11-27(Wed)23:12 [編集]


chigusさん、コメントありがとうございます

いつもご覧くださってありがとうございます♪
身近なものにもいろいろ歴史があると知ると愛着や親しみが増します^^

(`v´し) | URL | 2019-11-29(Fri)10:10 [編集]