FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

ちょっと面白い本

久々に本の紹介です。

12月頃に山田五郎の『へんな西洋絵画』という本を読みました。
DCIM0148.jpg

面白い(笑える)西洋絵画を紹介している本です。

美術館へ絵を観に行って
夫(´・ω・`)と「これは…( ̄m ̄〃))」と笑ってしまうこともある
(`v´し)なので、この本の視点には共感できました。

絵は真面目に観るもの!と思う人には合わないかもですが
少し意地悪な視点で観てクスっと笑いたい人にはお勧めです。

面白かった作品をいくつか書いておきます。

ジャン・ユベール(スイス)「ヴォルテールの朝」
おじいさん(ヴォルテール)のお着替えシーンです。

ピーテル・パウル・ルーベンス「聖フランスシスコザビエルの奇蹟」
日本人をイメージしたと思われる男性が蘇るような様子が描かれています。

誰の注文でもない自画像は、画家が新しいことを試す実験場だったそうです。

ジョゼフ・デュクルー「あくびをする自画像」

ロヴィス・コリント「コップをもつ自画像」(画家は大酒呑みだったそう)

ピエール・ボナール「自画像」
ボナールは妻の入浴シーンを描き続けた画家だそうです。
どこかの展覧会で観た気がします。妻が亡くなった後の自画像だそうです。
もぬけの殻という言葉がピッタリの表情です。

可愛くない子どもの絵とか、こだわりすぎる画家など
面白い視点からの紹介が最後まで続きます。

表紙絵はアンリ・ルソーで
著者は「真面目に描いてるが下手」と酷評ですが
そんなアンリ・ルソーが大好きなんだそうです。

最近笑っていないという方、ぜひ一度ご覧ください^^
裏表紙
DCIM0149_20200420084845424.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020-04-21(Tue)20:24 [編集]