FC2ブログ

シャトー日記

平和な日々の記録。

『沈黙のヒロシマ』

仲川文江・尾崎孝『沈黙のヒロシマ』を読みました。

8月6日に広島で被爆した聴覚障害者の証言集で
写真集に近い書籍です。
著者の仲川さんはコーダ(両親が聴覚障害者の聴者)です。

高齢の聴覚障害者の手話は
実際その映像を映し出しているかのような
生き生きとした表現が多くて
手話を学ぶ聴者を魅了します。

手の動きの力強さや悲惨さを物語る表情などが
モノクロ写真を通じて伝わってきました。

悲惨な光景がありありと目に浮かぶのでしょう、
きのこ雲を見る目や、恐ろしいと震えた記憶を語る表情は
昨日の出来事を語るかのように鮮明なものでした。

こうした証言は障害の有無にかかわらず
どんどん聞けなくなっていくので
書籍で残っているのはありがたいですね。

8月なので、戦争関連の本を読んでみました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020-08-22(Sat)20:07 [編集]